このエントリーをはてなブックマークに追加 

伸びるタイミングを見逃しちゃだめ!知っておきたい子どもの身長が伸びる時期

 

 

 

子どもの身長は常に伸びていますが、その身長がぐんと伸びる時期があることはご存じでしょうか。

 

子どもの身長が伸びるタイミングは3回あります。

 

そして、子供の身長がいつ伸びるのか、その後の将来の身長が予測できてしまうタイミングもあるのです。


「成長痛」があると成長している時期ということ?

お子さんが幼稚園・保育園に通っていたころ、突然、真夜中に「ギャー!あんよが痛いー!!」と泣き叫んで、何かどんでもない病気にかかったんじゃないかと不安な夜を過ごされた経験はありませんか。

 

昼間は元気に駆け回っていたのにどうして?と慌てて小児科に連れていくと、どこにも異常はなく、「お母さん、これは成長痛ですよ。背が伸びる時期ですし、元気に育っている証しです」と薬も処方されずに帰され、「今、成長期なんだ」と、逆にうれしくなった人も多いかもしれません。

 

成長痛は病気ではなく、成長期にみられる下半身の痛みのことです。

 

子供の成長痛は骨だけが急激に成長してしまい、周りの筋肉や腱の成長が骨と同じスピードで成長することができないことなどが原因で起こるといわれています。

 

膝や足首など関節に痛みがあることは少なく、すねやふくらはぎの辺りを指して痛いという子どもが多いようです。

 

夕方から夜間にかけて痛みが起こり、夜中あんなに泣き叫んでいたのに、翌朝になってみると何事もなかったかのようにケロッとしていることがほとんどです。

 

成長痛は4歳から8歳の子どもの10〜20%にみられています。この時期がまず一つ、身長が伸びる時期というわけです。

 

身長が伸びる最後のチャンスはここだ!

身長が伸びる時期は人生において何回かありますが、もう一つ、背が伸びる時期として成長痛が見られる成長期があります。

 

それは、小学校高学年から中学校にかけての思春期です。

 

 

実は、思春期である10歳から16歳ごろが、人生最後の身長が伸びるチャンスです。

 

そして、この時期が、骨の形成が最も盛んに行われていて、子どもの身長がぐんぐん伸びる時期だということが、これまでの研究で明らかになっています。

 

骨が作られる最盛期という観点で、具体的な年齢を見てみると、女の子の方が少し早めで小学生から中学生の11〜14歳頃が背が伸びる時期。男の子は13〜17歳で高校生の時期も入ります。

 

この身長が伸びる時期に具体的にどれぐらい伸びるものなのか、文部科学省が毎年調査している学校保健調査の結果から見てみましょう。

 

各年齢の平均値を調査した結果ですが・・

男子の場合、この伸びる時期に、13歳で159.5センチ、14歳で165.2センチ、15歳で168.3センチ、16歳で169.9センチ、17歳で170.7センチと、骨の形成が最も盛んなこの期間に10センチ以上伸びることが分かります。

男子
年齢 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳
身長 159.9cm 165.2cm 168.3cm 169.9cm 170.7cm

女子の身長の伸び方はどうでしょうか。11歳で146.8センチ、12歳で151.9センチ、13歳で154.8センチ、14歳で156.5センチとやはり10センチ近く伸びています。

女子
年齢 11歳 12歳 13歳 14歳
身長 146.8cm 151.9cm 154.8cm 156.5cm

これは、あくまで平均値なので、子供の中にはもっと身長が伸びる子供も当然います。

 

特に、男子は女子の身長を追い抜きますから、親戚の男の子が1年ぶりにあったら、びっくりするぐらい背が高くなっていたという経験がある人も多いかもしれませんね。

 

この時期は3年間で20センチも伸びる子どももいると聞きますし、とにかく、人生で最後のチャンスですから、身長を伸ばす大切な時期です。

 

成長期に注意しなければならない睡眠や運動については、難しい思春期の時期ですから、お母さんがあれやこれやと言える年齢ではないのかもしれません。

 

でも、栄養バランスがバッチリ取れた食事を作って食べさせることなら、この身長が伸びる時期にお母さんが子どもたちに対してできることではないでしょうか。

 

また、このように、男の子と女の子では、身長が伸びる時期に違いが出てくるのが思春期です。

 

上のお兄ちゃんがこの時期に身長が伸びたから、下の妹も同じ時期に背が伸びるのかしらと思って、同じような対応をしてしまうと身長伸ばすタイミングを逃します。

 

「女の子の身長が伸びる時期は早め、男の子の身長が伸びる時期は遅め」を基本事項として頭に入れておいていただけたらと思います。

 

1年で20センチ以上も伸びる時期がある

さて、男の子も女の子も身長が伸びる時期で忘れてはならないのが0〜2歳の乳児期です。この時期は、1年で20センチ以上も身長が伸びる時期で、思春期の伸び率とは比べ物になりません。

 

よく考えると、赤ちゃんのときって、半年前の服がもう着られないという思い出はありませんか。この時期は、成長痛のような痛みはみられませんが、1年間に身長が最も伸びる時期にあたります。

 

厚生労働省が行っている乳幼児身体発育調査で最新の平成22年の調査結果から具体的な数字を確認してみましょう。この調査も各年齢の平均値の調査結果です。

男子では出生時に49.0センチだったのが、1歳では74.8センチ、2歳では86.7センチと、0歳から1歳にかけては20センチ以上、0歳から2歳にかけては30センチ以上も伸びるのです。

男子
年齢 出生時 1歳 2歳
身長 49.0cm 74.8cm 86.7cm

女子も出生時に48.5センチだったのが、1歳で73.4センチ、2歳で85.3センチと、身長の伸び率の傾向は男子と全く同じです。

女子
年齢 出生時 1歳 2歳
身長 48.5cm 73.4cm 85.3cm

乳児の時期は「身長が伸びる時期なので大きくなって当たり前」といわれる時期ですから、1年で何センチ伸びたかを気にせず通り過ぎてしまいがちですが、このような具体的な数字を見ると、こんなに大きくなるなら半年前の子供服が着られなくなるわけだと改めて実感しますね。

 

「子どもの最終身長は4歳時に予測できる」とはどういうことか

4歳のときの身長を見れば、最終身長がわかる―という話を聞いたことがありますか?

 

こんなことを言われたら、「じゃあ、4歳で背が低い方なら、一生低いと決まっちゃうワケ?」と悲観してしまいそうですが、そのようなことを言いたいわけではありません。

 

「子どもの最終身長は、4歳時に予測できる」というのはある専門家の考え方なのですが、これは、前段でお伝えした「人生の中で乳児期が身長が最も伸びる時期」と深い関係があります。

 

4歳という年齢は、この1回目のぐんぐん背が伸びる期間を一旦終えた時期にあたります。

 

この段階で、例えば、身長が平均値より上なら、それまでの栄養の取り方など体を大きくする要素が100点だったと考えられます。

 

食べ方にむらがあると言われる乳児の時期に、赤ちゃんの身長を伸ばす食事をし、きちんと栄養を取ることができ、大きくなることができた子どもは、その後に来る2回目以降の成長期でも同じようにきちんと食事を取ることができ、大きくなる要素を持ち続ける可能性は高いというわけです。

 

ようするに、『このままの生活スタイルでいけば大丈夫ですよ』、という指標になります。

 

では、身長が伸びる時期に平均値に達していなかった子どもはどうしたらいいのでしょうか。「4歳の時点で平均に達していなかったから、うちの子はもうダメだ。。」と思う必要はありません。

 

「4歳の時点で平均に達していなかったから、このまま同じ食生活を続けると平均を下回るのが続く可能性が高い。これから改善していこう」と考えるタイミングだと思っていただきたいと思います。

 

つまり、「子どもの最終身長は、4歳時に予測できる」は、「4歳の段階でこれまでの生活スタイルについて通知表を付けてみるタイミング」と捉えるべきだと思います。

 

1回目でダメでも、その後、少なくとも2回、身長が伸びるタイミングは残されているわけです。「ヤバい!」と思うタイミングが早ければ早いほど、手を打てるチャンスも多くなります。

 

子供の身長の伸びが止まるのはいつか?

このように身長が伸びるチャンスは限られています。身長が伸びる限界点はいつごろ来るのでしょうか。

 

骨の形成の最盛期は、女の子が11〜14歳、男の子が13〜17歳だという話を先ほどご紹介しました。

 

文部科学省の身長の統計調査は男子女子ともに17歳までですので、骨の形成の最盛期を過ぎた女子の身長がどのようになるのか、同じ平成28年度の調査結果から確認してみます。

 

そうすると、15歳で157.1センチ、16歳で157.5センチ、17歳で157.8センチとミリ単位でしか変化しないことが分かります。女子は高校生で伸びる可能性は低い、男子は大学生で伸びる可能性は低いということがいえます。

女子
年齢 15歳 16歳 17歳
身長 157.1cm 157.5cm 157.8cm

「きっと伸びる」「いつか伸びる」という根拠のない考え方で安心するのではなく、身長が伸びる時期、伸びが止まってしまう時期をきちんと把握して、伸びる時期を逃さず対応することが大切なことだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加