このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポーツや筋トレによって子供の身長の伸びは変わってくるの?

 

 

「体操は身長が伸びない」や「バスケットボールは身長が伸びる」のような、スポーツと子供の身長に関係する話を一度は聞いたことがあると思います。

 

私自身、子供のころ器械体操をやっていて、器械体操は背が伸びないということをよく聞きました。

 

また、実際に器械体操の選手は背が低い人が多く、背の高い体操選手はほとんどみかけません。(あの内村航平選手も161cmしかありません)

 

ですが、バスケットボールやバレーボールの選手たちは背の高い人ばかりです。

 

ということは、行うスポーツと身長にはやはり何かしら関連があるのでしょうか。

 

そのあたりを詳しく解説していきたいと思います。


スポーツによって身長が伸びが変わることは本当にあるの?

 

バスケットボールやバレーボールの選手は2mを超える人もいるなど、背の高い人ばかりなイメージですよね。

 

ということは、バスケットボールなどの競技をすれば、背が高くなるのでしょうか?実はこの子供の背を伸ばすスポーツに関しての問題は、いろいろな意見があります。

 

バスケットボールやバレーボールはよくジャンプをするので、骨に対して上下の力がかかり、背が伸びやすくなる、もしくは背が伸びるスポーツであるという意見。それに対して、バスケットボールやバレーボールのスポーツをすることと、身長が伸びることとは関係ないという意見。

 

子供の身長を伸ばすためにやるべきこととして、実はどちらも正解ではなく、科学的には証明されていません。

 

でも、「どうしてバスケットボールやバレーボールをする人は背が高い人が多いの?」という疑問が残ります。

 

ここで中学や高校のときの部活動を思い出してみてください。中学生や高校生の時、同級生のバスケットボールやバレーボールの選手は大きい人ばかりでしたか?そうではなかったですよね。大きい人もいれば小さい人もいたと思います。

 

バスケットボールやバレーボールというスポーツは、どうしても背の高い人が有利になるスポーツです。そのため、背の高い人の方が実力が高くなる確率が高いため、背の高い人ばかりスタメンとして残っていきます。

 

そして結果として、バスケットボールやバレーボールのプレーヤーには背の高い人が多いように感じ、身長が伸びるスポーツだと思ってしまうのです。

 

子どもの身長をのばすためには15分以上運動をさせよう

どのスポーツをしても身長に関係がないのであれば、「子どもの身長を伸ばすには何をさせればいいの?」と思いますよね。

 

それに関して、はっきりとわかっていることが1つだけあります。それは、「運動しない子は身長が伸びない」ということです。

 

そして結論からいうと、子供の身長伸ばすためには「なんでもいいから15分以上運動をさせる」ということが大切です。

 

なぜ子供の身長を伸ばすために15分以上運動をしなければいけないのか、それは「運動中〜運動後に子供の身長にいい影響を与える成長ホルモンであるメラトニンが分泌される」からです。

 

身長を伸ばす効果がある成長ホルモン、メラトニンが分泌されるのは、睡眠中(深い眠りであるノンレム睡眠のとき)と運動中〜運動後(運動開始後15分から運動終了後3時間まで)と言われています。

 

そのため、「15分以上運動をする回数を増やせば、メラトニンが分泌する回数が増え、子どもの身長が伸びる」ということなのです。

 

15分以上運動する時間帯は何時がおすすめ?

では、「15分以上運動をする」のは、どの時間帯でやるのが子供の身長を伸ばす事にとっていいのでしょうか。

 

それは「起床後」になり、この時間帯が骨を伸ばす軟骨がもっとも刺激を受けやすい時間帯といわれています。

 

ですが、身長を伸ばす為といっても、朝起きていきなり運動しようとしても中々体が動いてくれませんし、近くに運動できる場所がない方は、わざわざ公園などの広場までいかないといけなくなってしまいます。

 

そこでおすすめなのが「縄跳び」です!

 

縄跳びは、単調な動きを繰り返す運動になりますが、単調な動きは血行促進に高い効果を示します。血行がよくなると成長ホルモンが分泌されやすくなり、身長が伸びに良い効果を与えてくれます。

 

 

縄跳びは、家の前にある少しのスペースでできますし、眠たくて体が動かない場合でも行う事ができる運動です。また準備するものは、縄跳び1本だけでいいので、玄関に縄跳びを置いておきさえすれば、すぐに始める事ができます。

 

 

 

実はこれ、私が小学生の時にやっていたことで、現在、翔太にもやらせています。しかも朝縄跳びをやると、身長を伸ばすこと意外にも良い事があります。

 

 

縄跳びには身長が伸びやすくなるという利点だけでなく、

  • 目が覚めるので朝ごはんをよく食べるようになる
  • 近所の人に「頑張ってるね」と褒められる
  • 学校の授業で縄跳びがあった時、他の子よりもよくできる

など、身長を伸ばすだけでなく、いろんなメリットがあるのです。

 

身長を伸ばすために縄跳びをする子供のモチベーションを保つには、兄弟姉妹でやらせたり、たまに親が見てあげるといいと思います。朝ごはんの準備ができた後、少し見に行ってあげると、「二重とび、これだけ出来るようになったよ!」と、嬉しそうに見せてくれたりします。

 

子供の身長を伸ばす為に良くないとされるスポーツの特徴

基本的には、どのようなスポーツをやらせても子供にとっていいのですが、実は、子供の身長を伸ばすために良くないとされるスポーツの特徴が2つあります。

体に過度の負担がかかってしまう運動方法や競技

身長が伸びるのは、軟骨が伸びるという事とイコールです。その軟骨が傷つけられてしまうほどの競技や筋トレなどをしてしまっては、子供の身長の伸びを阻害してしまいます。

 

 

ウェイトリフティングなどの極端に重いものを持つ競技やそれに関連する間違った筋トレ、着地の際に脚に膨大な負担がかかる器械体操競技や本格的な鉄棒運動などは、身長を伸ばす競技としては向いていないといえます。

膨大な量のエネルギーを消費する競技

膨大な量のエネルギーを消費する競技では、どれだけ栄養を体に取り入れたとしても身長を伸ばすための栄養が少なくなってしまいます。

 

膨大なエネルギーを消費する代表的な競技は、マラソンです。確かに、マラソン選手で太っている選手は見たことがありませんし、みなさん痩せていますよね。

 

過度でなければ、どの運動も身長を伸ばす事にとって良い

ウェイトリフティングや器械体操、マラソンが身長のためには良くないと言いましたが、ここでの話は、あくまでも「筋トレや競技を本格的にしたら」の話です。すべてが悪いことではありません

 

例えば、ウェイトリフティングまでいかなくても、適度な筋トレする程度の運動ならば、筋トレによって筋繊維が破壊され、その筋繊維を直すために成長ホルモンがより多く分泌されるので、身長を伸ばすために向いている運動になります。

 

また、器械体操も学校の授業で行う程度の鉄棒や跳び箱、マット運動程度であれば、軟骨が壊されることはないので、身長のためにもするべきです。

 

また、有酸素運動も成長ホルモンの分泌を促すためには行うべき運動だといえます。それは、有酸素運動を行うことで、血液中の血流がよくなり成長ホルモンがより分泌しやすくなるからです。

 

なので、長距離マラソンほどエネルギーを消費しないランニング程度の運動であれば、行った方がいいということになります。

 

でも結局の所、親としてうれしいのは、子供が夢中になれるものを見つけてくれる事だと思います。

 

どんなスポーツでも、子供が一生懸命やりたいと言うのであれば、身長のことはあまり気にせず、おもいっきりやらせてあげるのが一番いいのではないかと私は思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加