このエントリーをはてなブックマークに追加 

いろいろ購入してみてわかった身長計はこれがおすすめ!

小さい頃、家の柱にエンピツで印をつけながら親が身長を測ってくれたという方も多いと思います。

 

兄弟姉妹で身長の伸びを競い合いながら、背が伸びていく自分にワクワクした思い出があるのではないでしょうか。

 

でも今は、柱に印をつけたりする事が出来る時代ではありません。

 

なので、子供の身長を伸ばしたいと思っている親御さんは、ぜひ一家に一台身長計を置いて欲しいと思います。

 

身長を測るたびに背が伸びていれば、子供はもっと伸ばしたいという気持ちになると思いますし、背を伸ばすことに対するモチベーションが上がれば、運動や睡眠など身長を伸ばすことに必要な事を前向きに取り組んでくれるようになります。

 

また、家に身長計があれば頻繁に身長を測ることになるので、身長を伸ばすことを常に子供に意識させることができます。

 

身長計は様々なタイプのものが販売されているのですが、私はその中で気になった身長計をいくつか購入して実際に使ってみました。

 

その体験をもとに、おすすめできる身長計の順番にランキング化してみましたのでご紹介していきたいと思います。

 

私が実際に使用してみた身長計はこの3つです!


 

私が実際に使用してみたのは、次の3つの身長計です。

 

 

私が試してみた身長計おすすめランキング!


値段 15,249円 (税込)
送料 無料

1番おすすめできると思ったのは、「seca 213 ポータブル身長計」という身長計になります。

 

seca 213 ポータブル身長計を使って身長の記録をとっています

 

家庭で使用する身長計にしては少しお高い感じもしますが、値段相応の良い商品でした。

 

私が一番いいなと思った所は、学校の保健室にある身長計と同じ形だということです。この身長計をみると、なぜか身長を測ってみたくなる衝動にかられます。

 

おそらく「学校にあるから」という事が大きいのではないかと思いますが、うちの子供はこの身長計が目に入った瞬間に自分の身長を測りに向かいます。(笑)

 

この大きさの身長計が部屋にずっと置かれているとさすがに邪魔になりますが、使わなくなったらコンパクトにしまうことができます。

 


 

取っ手も付いているので持ち運びも楽ちんです。プラスチックでできているので全く重くありません。

 


 

組み立てはただ嵌めていけばいいだけなので説明書を見なくても女性一人で設置することができます。(説明書は付いています。)

 

 

メモリはミリ単位なので、少しの身長の伸びも計測することができます。

 

肝心なのは「ちゃんと身長を計測できるのか」という事ですが、軽いわりに組み立てるとガッシリしているので、毎回くるいなく計測することができます。

 

孫の代まで受け継いでいけるほど、優れた身長計だと思います。

 


値段 2,592 円(税込)
送料 無料

2番目は「キッズメジャー LaLuz ラルース」という身長計になります。こちらは、押しピンをさして壁に掛けるタイプの身長計になります。

 

おしゃれで可愛いので、常に部屋に掛けておいても全く気になりません。

 

もし納めたくなったとしても、丸めて小さくすることができるので場所を取りません。

 

難点は、メモリがセンチ単位であることと、上から押さえつけて計測するものではないので、数値があいまいになってしまうという事でしょうか。

 

 

 

見た目で測ってしまうと髪の毛の盛り上がり分もプラスされてしまうので、私が使用したときは長めの板で上から押さえつけて計測していました。

 

「そこまで細かい計測はしなくてもいいけど、身長は測ってあげたい」という親御さんに向いている身長計だと思います。

 

 


値段 3,400円 (税込)
送料 540円〜

3番目は「壁掛け式 ファンシー身長計」という身長計になります。身長計の概念をくつがえしたデザインで面白いですね。

 

こちらの身長計は、地面から2メートルの高さに設置して、上からメジャーを下げて身長を測るというものです。

 

小さいので場所を取らないという所は良いと思いますが、いくつか気になる部分がありましたので解説していきます。

 

まず、設置するのに壁に打ち付けるか貼り付けるかしないといけないという所が気になりました。

 

取り外すとき壁に何らかの傷ができてしまうので、そういった事に抵抗がある方には向いていない身長計だと思います。

 

また、ずっと壁に貼っておかないといけないのでインテリア的にも見栄えが悪いかな、と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

 

 

他には、設置にかなり手こずる部分も気になります。

 

地面から2メーターの位置に確実に設置しないと計測がくるってしまうので、誰かに協力してもらいながら設置する必要があります。

 

最後にこれが一番気になる所ですが、身長の計測が少しくるう事があります。おそらく小さいくて安定感がない事が原因だと思うのですが、測るたびに数ミリずれていることがあります。

 

出来るだけ場所をとらないコンパクトな身長計がほしいという方は、購入を考えてみてもいいかもしれません。

 

まとめ

身長を測り少しでも背が伸びていると、子供だけでなく親としても嬉しいものです。

 

睡眠、運動、サプリなど身長を伸ばしためのアクションを継続させていくためにも、お互いのモチベーションを保っていくことはとても重要です。

 

定期的に身長を測りその伸び具合を共有していくうえで、身長計は必要不可欠だと思います。

 

こちらでご紹介した内容を参考にして頂きながら、各家庭の好みや状況に応じて一番合う身長計を選んでみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加