このエントリーをはてなブックマークに追加 

子供の身長がなかなか伸びない「低身長症」について

「低身長症」という言葉を聞いたことがありますか?「低身長症」とはその名の通り、なんらかの原因で身長が低く、伸びない病気です。

 

同じ歳の子どもたちと比べて身長が明らかに低い場合や、身長がなかなか伸びない場合は「低身長症」の可能性があります。

 

「低身長症」は、遺伝性や原因がよくわからない場合も多いのですが、中には治療を受けることで身長の伸びを期待できる場合もあります。

 

知ってますか?「低身長症」の判断基準になる“SD値”

ただ、「同年齢の子と比べて身長が低い」だけではよくわからないですよね。どのくらい身長が低い場合に「低身長症」と診断されるのでしょうか。

 

乳幼児の時に身長が気になった場合は、まず母子手帳の後ろの方にある、成長曲線のグラフを見てみましょう。

 

わが子の身長や体重をグラフに書き込むと、平均値からどのくらいかけ離れているかわかります。

 

成長曲線とは、年齢と性別ごとに身長や体重の平均値をグラフで表したものです。わが子の数値がグラフ内から下にある場合や、グラフ内に納まっていても、数値が横ばいの状態は要注意です。

 

それから、SD値を計算して確認する方法があります。母子手帳の成長曲線は6歳くらいまでしかないので、それ以上の年齢の場合はこのSD値で確認してください。

 

SD値は「(身長の実測値−平均身長)÷SD」という計算式を使って計算します。

 

この計算で「-2SD」以下の場合や、「-2SD」以上でも「-1.5SD」以下が続く場合は、早めに病院で相談しましょう。

 

平均身長やSD早見表などを使うと、すぐに確認出来ますし、身長などを入力するだけでSD値を計算できるインターネットサイトもあります。

 

SDの表などが確認出来るサイト

 

これらの方法で確認し、低身長の疑いがあって病院に相談に行くと、さらに詳しく検査してもらえます。

 

診察の流れとしては、まず問診をします。生まれた時の大きさやこれまでの病歴などを話しますので、母子手帳などを持参するといいでしょう。

 

次に身体測定をして、今のSD値を計算します。それから尿検査や血液検査で臓器の異常やホルモンの内分泌状況を調べます。

 

ホルモンの分泌異常が原因の場合、骨年齢が実際の年齢と比べて遅れている場合があるので、手のレントゲン写真を撮って、骨の成熟度を確認することもあります。

 

さらに、身体所見と病歴などから他の疾患の疑いがあれば、他の検査を行う場合もあります。血液検査の結果などを踏まえて、頭部のMRI検査や全身のレントゲンを撮ることもあります。

 

「低身長症」の原因は、いまだに特定できないのが現状

低身長は病気が原因の場合もありますが、実は約7割は原因が特定出来ない「突発性低身長」と呼ばれるもので、この中に親からの遺伝も含まれています。

 

この突発性低身長のケースで、ホルモンの分泌異常や他の疾患などが見つからない場合は特別な治療をせず、生活習慣を見直していくことになります。

 

そして、そのなかの6割〜7割くらいの子どもは、遅い思春期がきて、正常の範囲内まで成長します。しかし、残念ながら残りの3割〜4割の子どもは低身長のまま大人になります。

 

突発性低身長以外の低身長の場合は次のような原因が考えられます。併せて代表的な病名も紹介します。

 

成長ホルモンや甲状腺ホルモンなど、ホルモンの分泌異常

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」や「甲状腺機能低下症」

 

染色体異常

「ターナー症候群」や「プラダー・ウィリー症候群」

 

骨や軟骨の異常

「軟骨無形成症」や「軟骨低形成症」

 

生まれた時に小さかったこと

「SGA性低身長症」

 

臓器の病気

「慢性腎不全」など

 

ストレスなど、心理的要因

「愛情遮断性低身長症」など

これらは医師の診察と様々な検査によってはっきりさせることが出来ます。

 

ですからきちんと検査を受けることが大切で、早期発見により大きな成長の遅れにならないで済むこともあります。

 

症状や弊害

低身長症であると、どんな困ったことがあるのでしょう。

 

性的な成熟が早まる

「思春期早発症」が原因である場合、通常より2〜3年ほど早く思春期が始まってしまいます。

 

女の子であれば、7歳半になる前に胸が膨らんできたり、10歳半になる前に初潮を迎えたりします。男の子の場合は10歳になる前に陰毛が生えたり、11歳になる前に声変わりしたりします。

 

思春期が早まることで身長が伸びないことや、あまりに早熟で本人も周りも戸惑い、人の目を気にしたりストレスになることもあります。

 

性的な成熟が遅くなる

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」などが原因である場合、なかなか思春期が来ず、性的な成熟がないまま身長も伸びず、骨年齢だけ進んでしまうことがあります。

 

動脈硬化や糖尿病の発症リスクが高くなる

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」などが原因で成長ホルモンの分泌が少ないと、中性脂肪やLDL-コレステロールが増え、動脈硬化のリスクが増大してしまうことがあります。

 

さらに、代謝も悪く肥満になりやすいので糖尿病のリスクも高くなります。

 

身長の低さからくるコンプレックス

これは特に男性に多いのですが、低身長のために自分に自信が持てず、全てにおいてネガティヴな発想になってしまったり、周囲とのコミュニケーションもうまくいかず、イジメなどを受け、さらに劣等感を抱いてしまうことがあります。

 

帝王切開の可能性が高くなる

女性の低身長の場合、骨盤が狭いことが多く、赤ちゃんの頭の大きさによっては、自然分娩ではリスクが高く、帝王切開になるケースがあります。

 

このように低身長症は見た目だけの問題でなく、放置することによって命の危険にもさらされる危険性があるのです。

 

「低身長症」の治療は、まず市区町村に相談すべし!

病気が原因の低身長の場合は、その原因によって治療方法が異なります。ここでは、一例として「成長ホルモン治療」について紹介します。

 

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」や「ターナー症候群」、「軟骨無形成症」などの場合、成長ホルモンを注射することによって、身長を伸ばしたり、成長ホルモン不足によって起こる弊害を防ぐことが出来ます。

 

成長ホルモン注射はほぼ毎日、自宅で行います。注射と言っても病院で行うインフルエンザの予防接種のような難しいものでなく、簡単で痛みもほとんどありません。

 

子どもが小さなうちは1人では難しいかもしれませんが、大きくなると自分で打てるようにもなります。注射を打つようになると身長が1.5倍〜2倍ほど伸びるようになります。

 

少しずつ周りの子に追いつきますが、治療を開始した年齢によって治療にかかる期間は違います。

 

また、仮に追いついたとしてもそこで注射をやめてしまうと、また差が出る可能性は大いにありますので、ほとんどの場合は成長ホルモン注射の効果が得られなくなるまで治療を続けます。

 

効果が出なくなるのは骨年齢で確認し、男の子の場合17歳、女の子の場合15歳くらいです。また、それ以前に伸びが悪くなっても効果がないと判断し、治療を終了することがあります。

 

成長ホルモン治療は大変高額な治療で、1年間治療を続けるだけで数百万円かかります。それが何年も続くわけですから、一般家庭では到底払い続けることが出来ませんよね。

 

そこで国が「小児慢性特定疾患治療研究事業」という制度を設けています。

 

厚生労働省が定めた疾患にかかった場合、一定の基準を満たした場合に適応される医療費助成の制度です。

 

しかしこの制度の条件は厳しい上、男の子は156.4cm、女の子145.4cmという規定を超えると補助は終了となってしまいます。男の子の156.4pは日本人女性の平均身長にも届いておらず、もう少し続けて欲しいという親の声が聞こえてきそうですね。

 

「小児慢性特定疾患治療研究事業」の基準を満たしていなくても、成長ホルモン治療の診断基準を満たせば、公的保険診療を行うことは可能です。いわゆる健康保険を利用して、2割〜3割負担で済むということです。

 

さらに、自治体によっては中学生以下の医療費を負担してくれる制度もありますし、「高額療養費制度」と言って、一定額を超えた場合に超えた金額分を支給してくれる制度もあります。

 

治療費が高額だからと治療を諦める前に、1度病院や市役所などで相談してみることをお勧めします。

 

成長ホルモン注射は、しっかり副作用も理解すべし。

成長ホルモンはもともと体の中にあるものですから、注射で補っても副作用はほとんどありません。しかし、その日の体調や体質によって、副作用が出ることもあります。

 

例えば注射した場所に発疹が出たり、頭痛や吐き気があることもあります。少しでも気になる場合は、すぐにかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

 

子どもの低身長は親にとっても将来を悲観しがちな問題です。

 

しかし、親がそのような態度でいればいるほど、子どもが前向きになれず、苦しむことになります。治療を始めたとしても日々の注射や病院通いは子どもにとっても大きな負担になるということを、充分に理解しておく必要があります。

 

そして、治療することによって子どもが成長し、少しでも未来が明るくなるのであれば、治療する価値は大いにあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加